秘策のトライ

今日は、模型は、お休みのつもりでしたが、秘策をトライしてみます。バルサ材を小さくカットして、瞬間接着剤で貼り合わせます。接着面が、バルサより固くなるので主翼のリブになって、間のバルサを削れば凹み面を等間隔に作れるはず。以前に4〜5枚で試したときは、うまく行きそうでした。

 

 

まず、貼り合わせた、ブロックをサンディングして、3〜4mm厚くらいの板を削りだします。この時点で、瞬間接着剤の面が等間隔のラインに見えて精緻な感じです。

 

次に、外形形状を所定の寸法まで、削り込んで、翼断面形状を削ります。瞬間接着剤のラインもリブのように、整然と並んでいます。

 

いよいよ凹凸面の削りだしです。丸ヤスリを使ってリブの間のバルサを削ります。瞬間接着材の面を削らないよう、そっと削ります。リブがガイドになって軽くインバース(凹み)面が出来ます。ヤスリの幅は、リブのピッチより広いものを使います。細すぎるヤスリだと、どんどん深く削れてしまします。

 

あとは、根気の世界。最後に翼端の部位の削りと天窓部のカット(後で窓をつけるため)で一応の削りだし完了。形状はなかなかの雰囲気であります。

 

さて、どう仕上げようかな?

 

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    mm (木曜日, 06 5月 2010 20:46)

    ブログにあったご質問のポラロイド風の写真ができるサイトは、
    http://www.photo-kako.com/polaroid.cgi
    ほかに、ここはバナーなんかもできます。
    http://www.bannerkoubou.com/p-start/
    アメリカサイトのここは切手風もできます。
    http://bighugelabs.com/frame.php

    いろいろ楽しんでみてください!

  • #2

    flyingtak1 (木曜日, 06 5月 2010 21:12)

    ありがとうございます!

  • #3

    comcat (火曜日, 11 5月 2010 21:59)

    素晴らしい秘策を考えましたね。
    仕上がりが楽しみです。

  • #4

    flyingtak1 (火曜日, 11 5月 2010 22:17)

    ありがとうございます。塗装仕上げにするか、アルミホイル貼りにするか思案中です。なかなかふん切りがつかないので、ついつい呑んじゃって、なかなか次のステップにうつれません。(笑)

  • #5

    シャネル 財布 偽物 (金曜日, 28 9月 2018 12:32)

    入荷困難のシャネルの大人気カンボンラインのブランド コピー 安心2つ折財布です!コピー ブランド http://www.pabrand.com/ ブラックボディ&エナメルブラックのココマークを施され、中がショッキングピンクのキュートしすぎる組み合わきめが細かく柔らかい上質なカーフスキンを使用し、CCマークがオシャレな作りです。シャネル 財布 偽物 http://www.pabrand.com/brand-131.html 大きく開くお札入れに、お札は折りたたんで入れる機能のタイプです。