Blog: Project 1/200X

訪問していただいた皆様へ

勝手ながら、当ブログ企画は、下記リンクへ引っ越ししました。

続きは、こちらでご覧ください。今後ともよろしくお願いいたします。

 

    Project 1/200X : Spirit of Flyingtak1 

This Blog moved to this Link. It has translation function. Thank you.

 


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2010年

5月

11日

夜間飛行

夜間飛行 X−Planeのスクリーンショットです。
夜間飛行 X−Planeのスクリーンショットです。

 

またまた呑んでしまいました。

手元が狂うので、最近は、模型を作るときは禁酒ということにしています。

というわけで、模型つくりは今度のお休みに先送りすることにして、

 

今夜は久々に、X−Planeでフライトしました。(飲酒運転ですね。。)

 

X−Planeはとても良くできたフライトシムです。

飛びっぷりの再現がとてもリアルです。フライトはもちろんですが、機体やシーナリー探しも楽しめます。スクリーンショットで、飛行機写真の撮影も楽しみ方のひとつ。さらにMACで飛ばせるのがお気に入りのポイントです。

 

「翼よあれが、パリの灯、、、、かな?」てな気分で、

星のまたたき始めた、夕闇の中をフライトです。いいですね。この感じ。

グラスの氷がカラコロと音をたてます。。。

 

夜のしじまの、なんと饒舌なことでしょう。なんだかジェットストリームの城達也さんのナレーションとあのBGMを思い出します。

 

眼下に見えるのは、パリではなくて、私のふるさと徳島の灯です。

夜間飛行に乾杯。

 

 

4 コメント

2010年

5月

10日

未知への挑戦

Spirit of St. Louis

焼酎呑んじゃったので、モデル製作は、お休みにして、ミシガン時代の思い出話です。

 

2003年のある日、ネットサーフィンで、Hobby Lobby というショップで、電気で飛ばせることと、そのスケール感に思わず感動。ネット購入した半完成機です。

 

私にとって、まったく初めてのRC飛行機に挑戦ということで、見てのとおり、前の見えてない挑戦者魂あふれるこの機体デザインに妙に共感を覚え、無謀にも購入してしまいました。(購入した時点では、どうやって前を見るのかは謎でした。もちろんラジコンも前が見えません。)

 

それまでクルマも含めラジコン経験ゼロでしたので、英語の説明書と格闘しながら初めてのラジコン模型づくり。作る過程は楽しかったのですが、なにせRC飛行経験ゼロ。完成した時には、これまたネットで検索してラジコンクラブを見つけて、米人のエキスパートにテスト飛行をお願いしました。4chで、初心者には難易度の高い機体と教えてもらい、3chの練習機を購入し飛行感覚を練習しました。

 

その後この機体も一応飛ばせるようになりましたが、少し慣れたころ、急旋回による翼端失速?で一瞬のうちに真っ逆さま。木っ端みじんに大破させてしまいました。。。ああ合掌

 

後で知りましたが、ホンモノは、横に潜望鏡!をのばして前を見るんですね。潜水艦みたいな視界で、よくパリまで飛んで着陸できたものです。

 

やはりリンドバーグ氏、ただ者では無いです。 

フロンティアスピリットに乾杯。

 

 

0 コメント

2010年

5月

09日

体重測定

今日は、母の日。大学生の娘からママへのサプライズプレゼントの無印良品のデジタルキッチンスケールです。バイトの金で買ったんだとか。我が娘もやるもんだ。感動するママとパパ。

 

どなたのデザインかは存じませんが、ルックスもなかなかカッコ良いじゃありませんか。磁力の影響があるので、地域設定をしないと精密測定ができないとか。性能もなにやらすごそうです。

 

というわけで、まだ、未完成ですが、我が1/200スピリットオブセントルイス号を試しに計量してみました。んんん1グラム。。。の表示。はかりの最小単位が1グラムなので、0.9gくらいなのか、1.9グラムくらいなのかは不明です。もう一桁細かい精度のあるハカリが必要です。、、、でもコイツは飛ばないので、重量は関係ないですね。

 

それでも飛行機野郎としては、重量が気になります。

。。。。ん、これって父の日も兼用?もしかして。。

 

 

0 コメント

2010年

5月

06日

寄り道

今日は、ビール飲んじゃったので、模型つくりは、ちょっとお休みにして少し寄り道します。

 

時々お邪魔している、mmさんのブログには、いろいろな写真のフレームがあって楽しいので、どうやって作ってるのか聞いたらば、すぐにお返事いただいて、耳より情報を教えていただきました。さっそくいろいろ試してみました。

 

ハッキリ言って面白いです。しかも超〜簡単♪

mm さん ありがとうございます。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 mm
(木曜日, 06 5月 2010 20:46)
ブログにあったご質問のポラロイド風の写真ができるサイトは、
http://www.photo-kako.com/polaroid.cgi
ほかに、ここはバナーなんかもできます。
http://www.bannerkoubou.com/p-start/
アメリカサイトのここは切手風もできます。
http://bighugelabs.com/frame.ph

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

ところで、1/200オヤジとmmさんって

なんだか相性が良さそうです。ミリメートルだけに。

 

 

 

 

2 コメント

2010年

5月

05日

秘策のトライ

今日は、模型は、お休みのつもりでしたが、秘策をトライしてみます。バルサ材を小さくカットして、瞬間接着剤で貼り合わせます。接着面が、バルサより固くなるので主翼のリブになって、間のバルサを削れば凹み面を等間隔に作れるはず。以前に4〜5枚で試したときは、うまく行きそうでした。

 

 

まず、貼り合わせた、ブロックをサンディングして、3〜4mm厚くらいの板を削りだします。この時点で、瞬間接着剤の面が等間隔のラインに見えて精緻な感じです。

 

次に、外形形状を所定の寸法まで、削り込んで、翼断面形状を削ります。瞬間接着剤のラインもリブのように、整然と並んでいます。

 

いよいよ凹凸面の削りだしです。丸ヤスリを使ってリブの間のバルサを削ります。瞬間接着材の面を削らないよう、そっと削ります。リブがガイドになって軽くインバース(凹み)面が出来ます。ヤスリの幅は、リブのピッチより広いものを使います。細すぎるヤスリだと、どんどん深く削れてしまします。

 

あとは、根気の世界。最後に翼端の部位の削りと天窓部のカット(後で窓をつけるため)で一応の削りだし完了。形状はなかなかの雰囲気であります。

 

さて、どう仕上げようかな?

 

4 コメント

2010年

5月

05日

仮組み

勢いにのって、日付も変わり、パーツを全部削り出したので、各部品の収まりを確認するために仮組してみました。

 

 

なかなか良い感じです。木肌のまんまも、魅力的です。プロポーションもまずまず。いつものバルサより固い素材を削ったので、精度がよさそうです。

 

 

キャビンは、中を窓の高さまで、くりぬいてあります。最後に、PET樹脂のガラスをはめ込む予定。ライアンNYPは、天窓があるので、キャビンの中が明るく見えるという算段。リンドバーグ氏もすでに搭乗しています。

 

 

仕上げをどうするか、じっくり眺めながら検討します。

 

木肌のままのラッカー仕上げも惹かれるものはありますが、

今回は、塗装仕上げのつもりで、ランディングギアや支柱の一部に金属(ホッチキスの針)を使ってあったり、窓をはめ込むように、主翼の面をジョックル(一段下げ)してあるので、予定どおりの塗装仕上げになると思います。

 

課題は、、、

1.布ばり風の凹凸面の表現をどうするか?

2.カウルの模様表現をどうするか? (アルミ貼りの予定)

3.デカールをどうしよう?

      (面相筆で乗り切るか?デカールキットに手を出すか?)

4.塗装と組み立ての段取りは?? (高翼機は、いつも悩む)

 

 

、、、、では、また明日。

 

0 コメント

2010年

5月

04日

本格ソリッドモデルへ

モーター目当てに、トイラジを探しに、リサイクルショップ巡りをするが、出物がなく、とりあえずカウル成形の木型用にするつもりで、ひのき棒と模型材(Uアガチスと表記)を購入。とりあえず、ひのき棒から胴体を削り始めたら、バルサより固めの木の感触がなかな心地よい。小さくても、木工な感じ。

 

カタチが決まって、だんだん気分がのって来たので、ここで思い切って方針変更。モーター搭載計画は、先送りと決定。今回の機体では、「本格ソリッドモデル」(自称)でいくことに。

 

ウイングは、アガチス板材をひたすらサンディング。ひのきよりさらに良い感触。固くて木目もはっきりしないので、造形し易い。削り過ぎることも無い。(でも根気は必要)尾翼は、3mm板をひたすら削って t0.8mmくらいの小さい板を作ってから切り出した。

 

胴体&ウイングの主要パーツは、そろったが、ライアンNYPの特徴でもある主翼の支柱とランディングギアのストラクチャを何で作るか。主翼の下のキャビンも作る予定なので、組み付けの手順もあわせて思案中。

 

さて今夜はどこまで行こうか?

 

 

 

 

0 コメント

2010年

5月

02日

再始動しましたが、、、

ブログを開設したまま放置してましたが、連休ですので、模型づくり&ブログを再開しようと、胴体を削ってみました。カウルの木型を兼ねるつもりで、胴体削りましたが、集中力不足で、削り過ぎ。PET樹脂成形も失敗。モーターそのものも、壊れているので、イマイチ本気になれません。調達出来るとやる気がわくのかも。

 

 

 

3 コメント

2010年

4月

18日

構想?妄想?

会議中に描いた落書きです。なんとか、モーター積んで、プロペラまわしたいもの。ディスプレーの方法もイメージが広がります。写真も時代感を意識したライティングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 コメント

2010年

4月

18日

練習

少し大きめの出来の悪いプラ模型があったので、練習台にして、カウルに、アルミホイルを張り込みました。模様の表現は、ルアー製作ページで勉強しました。右下は、主翼の凹凸表現の練習です。これならいけそう。その上に転がっているのは、赤外線ラジコン機についていた、超小型モーター。このサイズなら1/200へ搭載してプロペラを回せるかも?

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2010年

4月

18日

資料/図面

いつものように、ネットから、寸法や参考写真(レプリカ機)を集めました。今回は、特に気分を表現したくて、新聞記事や、当時の実際の写真も。構造の見える写真もありました。カタチを再現するには、ほぼ充分な資料がそろいました。

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2010年

4月

18日

ブログ始めます

ブログ初体験です。Project 1/200Xの進捗レポートには、Brog形式のほうが、適していると思います。出来上がった作品は、これまでどおりホームページへ。途中のプロセス的な内容は、ブログで。リアルタイムの思いつきは、つぶやきで。と使い分けていこうと思います。出来るかどうかは、わかりませんが、やってみましょう。では始まり。始まり。

 

 

 

 

2 コメント